気になるかかとのカサカサ、自分でできる対処法。

角質リムーバーで削り落とそう!

暖かい季節がやってくると、自然とはだしで過ごす機会も多くなります。そんな時に気になるのがかかとのカサカサ。硬く白くなってしまったこちこちのかかと、どうしたら子供のようにやわらかい状態に戻すことができるのでしょうか。

パっと思いつくのがやすりでこすって削り落とすという方法ですが、かかと専用リムーバーを利用してみると手軽にカサカサ部分を削ることができます。乾電池で動くタイプのものは電源をいれると特殊コーティングされたローラーが周り始めるので、それをかかとの気になる部分にあてるだけ。白くカサカサになった表面の角質を削り取ることができます。処理が終わった後は保湿クリームを塗ることをお忘れなく。

専用液に足をひたして、角質をはがれやすくしよう!

硬くなった角質をはがれやすくするための専用液というものも存在するので気になる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。足の形をしたビニール袋の中に適量の専用液を入れて、それを靴下のようにはいてしばらく時間を置きます。製品によって時間は異なりますが、30分から1、2時間程度のものが多いようです。浸した後は自然とはがれてくるのを待つだけ、数日かかることもあるようですが、専用液を使ってつるつるのかかとを目指しましょう。

それでも改善されない場合は水虫専用クリームを!

角質リムーバーや専用液など色々試してもなかなか改善されない場合、それはもしかしたら水虫かもしれません。水虫と言われるとドキッとしますが、意外と悩んでいる女性も多いようです。薬局に行けば女性用専用クリームがおいてあるので、一度試してみてもよいでしょう。塗り始めて数週間で柔らかかかとを取り戻したりする人もいるようなので、案外あなどれません。なかなか改善されない場合は勇気をもって水虫を疑ってみては。

品川美容外科の判例について詳しく