顔を洗う方法は合っている?美容のための洗顔法

間違った洗顔のやり方

洗顔は美容のための基本となるスキンケアとなります。間違った洗顔をしているという方も多いので、自分の洗顔方法を見直してみると良いでしょう。まずは、お湯の温度となりますが、熱いお湯で洗うことはNGとなります。熱いお湯を使うと、顔の皮脂や汚れが落ちやすくなりますが、顔に必要な成分もお湯と一緒に流してしまうことになるため、乾燥肌の原因となってしまいます。逆に冷たすぎるのもダメで、急激に肌が冷えることによって乾燥や赤ら顔の原因ともなってしまいます。他の間違った洗顔として、肌の刺激となる洗い方になります。汚れをしっかりと落とすために、肌をゴシゴシと擦って洗う方もいますが、擦ることによって肌にダメージとなってしまいます。洗顔後に使うタオルもですが、水気を拭くときには優しく拭き取ることを心がけましょう。

正しい洗顔方法を覚えよう

正しい洗顔として一番大切なことは、擦り過ぎないということです。洗顔料を肌につけるときにも、しっかりと泡立ててから肌を包むように行います。泡をつけるだけで汚れや余分な皮脂を落とすことができるので、擦らないでも良いという方もいます。洗顔をする前にも、手の雑菌が顔に移らないように、手を洗ってから顔を洗うようにします。お湯の温度としては、ぬるま湯となり、おすすめの温度としては32度~35度とされています。顔をすすぐ際にも、洗い残しがないようにきちんとすすぐようにします。洗顔料が残っていると、肌が炎症してしまう可能性があるため、残りやすいアゴやこめかみはよくすすぐようにしましょう。

品川美容外科の起訴まとめサイト